MENU
日本国外の居住者向けに情報を提供しています。日本からのアクセス・遊技を推奨していません。

オンラインカジノの出金方法比較!2024年最新版

オンラインカジノの出金方法には、主に以下の3種類があります。

オンラインカジノ出金方法

おすすめのオンラインカジノでの出金方法別に、それぞれのメリット・デメリットを一覧にまとめてみました。

出金方法とそれぞれの特徴
出金方法特徴
(メリット・デメリット)
銀行振込持っている口座を利用可能

信頼性が高い

手続きが簡単

対応しているサイトが多い
着金に時間がかかる

最低出金額が高めなことが多い

口座凍結されるリスクがある
仮想通貨本人確認不要のサイトがある

他の決済方法と比べ手数料が安い

高いセキュリティ

入出金スピードが早い
価格変動に注意が必要

サイトごとに利用できる通貨が異なる
電子決済サービス
ペイズ(Payz)対応しているサイトが多い

メジャーな電子決済方法

信頼性が高い

アプリに対応
手数料がかかる

ぺイズからの出金は銀行出金のみ
ベガウォレット
(VegaWallet)
ポイントバックあり

条件次第で手数料無料

「ベガの日」抽選でポイント500倍のチャンス

本人確認不要
ベガウォレットからの出金は銀行出金のみ
マッチベター
(MuchBetter)
アプリで簡単管理

入出金方法を選べる

仮想通貨にも対応

ライセンスを取得している
手数料がかかる
銀行への出金方法は国際送金になる
ジェトンウォレットキャッシュバックあり
入出金方法が選べる
アプリがある
入出金方法により手数料がかかる
公式サイトが日本語対応に不完全
利用できるサイトが少ない
i wallet..プリペイドカードを作ればATM出金可能
口座開設が簡単
公式サイトが分かりやすい
出金に手数料がかかる
プリペイドカードには維持費や手数料がかかる
Point66コンビニから入金できる
加盟店サイト間でポイント・コインを移動できる
利用できるサイトが少ない
“EZE Wallet”経由での入出金
ポイントやコインに有効期限がある
オンラインカジノの出金方法と特徴一覧

中でも、銀行振込は手持ちの口座ですぐに始められ、出金手順も簡単なので初心者にもおすすめの方法ですよ。

銀行出金の手順
  • 公式サイトのメニューから「出金」を選ぶ
  • 「銀行振込」を選択する
  • 必要な情報を入力する
    • 金額
    • 銀行コード
    • 口座番号  など
  • 「出金」をクリックして申請完了

※「入出金方法は同じでなくてはならない」というサイトが多いので、入金時に銀行振込以外(クレジットカードを除く)を選択していると選べないことがあります。

しかし、銀行への出金は「危険」「やめた方が良い」という声があり、選ぶのは心配という人も多いようです。

なぜそう言われているのか、よくあるのは以下の理由からです。

その為、銀行振込を利用する場合には、いくつかの注意点を押さえておく必要があります。

注意点など、詳しいことは記事内で解説しているので、こちらが先に気になる人は上記からジャンプしてチェックしてください。

この記事では、オンラインカジノの出金方法について初心者にも分かりやすく解説していきます。

最後までお読みいただくと、オンラインカジノの出金方法や税金に関しての理解を深めることができますよ。

目次

オンカジにおすすめの出金方法と換金手順

オンラインカジノの
出金方法と対応サイト一覧
出金方法対応サイト
銀行振込カジノシークレット

Konibet

Stake
Beebet

ミスティーノ

クイーン

ベラジョン

遊雅堂
仮想通貨カジノシークレット

Konibet

Stake

ミスティーノ

クイーン

ベラジョン

遊雅堂
電子決済サービス
ペイズ
(Payz)
カジノシークレット

Konibet

ミスティーノ

クイーン

ベラジョン

遊雅堂
ベガウォレット
(VegaWallet)
カジノシークレット

Konibet

Stake
ミスティーノ

ベラジョン

遊雅堂
マッチベター
(MuchBetter)
ミスティーノ

ベラジョン

遊雅堂
ジェトンウォレットカジノシークレット

Beebet
ミスティーノ

ベラジョン
i wallet..カジノシークレット

Konibet

クイーン
Point66カジノシークレット
ミスティーノ
オンラインカジノの出金方法と対応サイト一覧

オンラインカジノから出金する方法には、大きく分けて3種類があり、それぞれがおすすめなのは以下のような人です。

オンラインカジノの出金方法とおすすめな人
  • 銀行振込
    ➡・新しく口座開設などをせず、すぐに始めたい人におすすめ!
  • 仮想通貨
    ➡・入出金スピードを求めている人におすすめ!
     ・本人確認不要な方法を探している人におすすめ!
  • 電子決済サービス
    ➡・複数のオンラインカジノサイトを利用する人におすすめ!

銀行振込による出金は、ほとんどのオンラインカジノサイトで対応している為、利用する人も多い出金方法です。

手持ちの銀行口座が対応している場合にはすぐにオンラインカジノを始めることができるので、初心者にもおすすめです!

しかし、ネット上では「銀行出金はやめた方が良い」という声などもよく聞かれます。

それがなぜなのかは、記事の後半で詳しく解説しています。

銀行振込の出金について詳しいことを先に知りたいという場合には、以下からジャンプしてチェックして下さいね。

仮想通貨を利用する場合は、本人確認不要でOKというオンラインカジノもあります。

その為、本人確認不要で遊べる方法を探している場合には、適した方法の一つとなるでしょう。

しかし…
価格変動がある仮想通貨に慣れていない人は、大きな損失を出してしまう恐れもあるので注意が必要!

電子決済サービスは、利用したい複数のオンラインカジノに対応しているものを選ぶことで、サイトが違っても手軽に入出金可能です。

電子決済サービスは…

オンラインカジノ側の手数料が無料のことが多く便利な方法
⇒メジャーなものを1つ持っておくのもおすすめ!

仮想通貨や電子決済サービスには様々な種類があり、サイトによって利用できる種類が異なります。

電子決済サービスは、ぺイズ(Pays)やベガウォレット(VegaWallet)など、メジャーなものを選ぶと対応しているサイトが多く便利に使えます。

上記以外でも、対応サイトが増えてきているおすすめの電子決済サービスがあるので一緒にチェックしていきましょう。

ここからは、それぞれの出金方法の以下の内容についても紹介していきます。

  • 手数料
  • 着金までのスピード
  • メリット・デメリット
  • 特徴  など

銀行振込|初心者におすすめ簡単出金

銀行振込での出金概要
出金手数料オンラインカジノ側
⇒サイトにより異なる(無料~数%が多い)
銀行側
⇒銀行により異なる
反映スピード
※オンラインカジノ側の出金手続き完了後
平均1~3営業日
出金の流れオンラインカジノ

銀行口座
あすすめ対応サイトカジノシークレット
Konibet
Stake
Beebet
ミスティーノ

クイーン

ベラジョン

遊雅堂
銀行振込での出金概要
メリットデメリット
持っている口座を利用可能
信頼性が高い
手続きが簡単
ほとんどのサイトが対応している
着金まで時間がかかる
最低出金額が高めに設定されていることが多い
口座凍結されるリスクがある
銀行振込で入出金する場合のメリット・デメリット

銀行振込での出金は手続きが簡単な為、初心者にもおすすめの出金方法です。

オンラインカジノから入出金する際、銀行口座を利用する最大のメリットは、今使っている口座をそのまま利用できることでしょう。

新たに登録や口座開設などをしなくてもよい
オンラインカジノを簡単に始められる!

また、第三者機関を挟まずオンラインカジノと銀行の直接取引になる為信頼性も高く、安心して利用できますよ。

デメリットとして挙げられるのは、サイト側の出金手続き完了後、他の方法に比べ着金までに時間がかかることです。

基本的に銀行振込の場合、着金するまでの時間は平均1~3営業日となっています。

土日祝などを挟むと着金まで多くの時間がかかる。

また、出金最小額が高めなので、少額ずつ出金したい人には向いていません

そして、銀行振込にすると口座の凍結リスクなどの観点から「やめた方が良い」「危険」と言われていることも多いようです。

銀行口座凍結のリスクや、やめた方が良いと言われている理由については、後ほど詳しく解説しています。

こちらを先に知りたい方は以下にジャンプしてチェックして下さいね。

銀行送金は、手軽さや利用のしやすさからも人気の出金方法です。

メリット・デメリットを踏まえ、他の出金方法とも比べながら検討してみて下さい。

仮想通貨|出金スピードNo.1

仮想通貨での出金概要
出金手数料オンラインカジノ側
⇒サイトにより異なる(無料が多い)
仮想通貨側
⇒通貨により異なる
反映スピード
※オンラインカジノ側の出金手続き完了後
即時~
出金の流れオンラインカジノ

仮想通貨取引所又はウォレット


(基本的には)
取引所で換金
おすすめ対応サイトカジノシークレット

Konibet

Stake
ミスティーノ

クイーン

ベラジョン

遊雅堂
仮想通貨での出金概要
メリットデメリット
本人確認不要のサイトがある
他の決済方法と比べ手数料が安い
高いセキュリティ
入出金スピードが早い
価格変動に注意が必要
サイトごとに利用できる通貨が異なる
仮想通貨で入出金する場合のメリット・デメリット

オンラインカジノでの入出金時に仮想通貨を利用することのメリットで大きな特徴となるのは、匿名性が高いこと入出金スピードが早いことなどが挙げられます。

他の決済方法では本人確認なしで出金できない場合でも、仮想通貨なら本人確認不要というサイトもあります。

また、入出金時に最短で即時反映されるオンラインカジノもあるなど、取引スピードが早いことも特徴です。

しかし、ほとんどのサイトで入出金時に法定通貨に変換する必要があります。

例)

  • 入金時「仮想通貨→$」
  • 出金時「$→仮想通貨」 など

変換時、価格変動には注意し大きな損失を出さないように気を付けてくださいね。

仮想通貨で直接賭けられるサイトは少ないですが、直接利用できるサイトもある為紹介します。

仮想通貨を直接利用できるおすすめサイト

Stake
➡仮想通貨に特化したサイトで多くの仮想通貨にも対応!

一言に仮想通貨といっても、たくさんの種類があります。

主要通貨となっている種類のみの対応というサイトが多いので、使用したい通貨が対応しているかどうかは初めに確認した方が良いでしょう。

エコペイズ(ecoPayz)|政府公認で安心No.1

ぺイズ(Payz)での出金概要
出金手数料オンラインカジノ側

⇒サイトにより異なる(無料が多い)
ぺイズ側

⇒2.9~10ユーロ
反映スピード
※オンラインカジノ側の出金手続き完了後
即時~
出金の流れオンラインカジノ

ぺイズ

銀行口座
おすすめ対応サイトカジノシークレット

Konibet
ミスティーノ

クイーン

ベラジョン

遊雅堂
ぺイズ(Payz)での出金概要
メリットデメリット
対応しているサイトが多い
メジャーな電子決済方法
信頼性が高い
アプリに対応
手数料がかかる
ぺイズからの出金は銀行出金のみ
ぺイズ(Payz)で入出金する場合のメリット・デメリット

ぺイズ(Payz)は、信頼や実績を求める人にもおすすめの電子決済サービスです。

2000年にサービスが開始されて以来、約20年以上の実績があります。

※2023年5月にエコぺイズ(ecoPayz)からぺイズ(Payz)へ名称が変更されました。

また、以下の点からも信頼性が高く安心なサービスと言えるでしょう。

英国金融行動監視機構により、公認電子マネー機関として認可および規制されている。

デメリットは、ぺイズから出金する際、一度銀行へ出金する必要があるということです。

ぺイズにはPayzカードという8種類の通貨で利用できるマスターカードがあり、ATMで出金できるようになっています。

しかし…
日本は非対応の為、日本でATMから直接出金することはできません

ぺイズは、以下のような点からも人気があり、オンラインカジノの出金方法として選ぶ人が多いようです。

ぺイズ(Payz)が人気の理由
  • スマホアプリがあるので資金管理が楽
  • 手数料無料で口座開設できる
  • 50以上の通貨が利用できる
  • 対応しているサイトが多い

電子決済を入出金方法に選ぶ予定の人は、是非ぺイズ(Payz)もチェックしてみて下さいね。

ベガウォレット(VegaWallet)|クレカ入金の方におすすめ

ベガウォレット(VegaWallet)での出金概要
出金手数料オンラインカジノ側

⇒サイトにより異なる(無料が多い)
ベガウォレット側

⇒平日扱い350ポイント以上で無料
反映スピード
※オンラインカジノ側の出金手続き完了後
数時間~1日程度
(1日3回、9時、17時、22時に締めて送金)
出金の流れオンラインカジノ

ベガウォレット

銀行口座
おすすめ対応サイトカジノシークレット

Konibet
Stake
ミスティーノ

ベラジョン

遊雅堂
ベガウォレット(VegaWallet)での出金概要
メリットデメリット
ポイントバックがある
条件次第で手数料無料
「ベガの日」抽選でポイント500倍のチャンス
本人確認不要
ベガウォレットからの出金は銀行出金のみ
ベガウォレット(VegaWallet)で出金する場合の
メリット・デメリット

ベガウォレット(VegaWallet)も、電子決済サービスのひとつです。

ユーザーと加盟店(オンラインカジノなど)の間で資金(ポイント)の購入・受け取り・送付・換金ができます。

ベガウォレットでは…

  • 「1ポイント=$1」を日本円で購入
  • ポイントで加盟店(オンラインカジノなど)との送付・受け取りを行なう
  • 現金へ還元する際はポイントが日本円に換金されて銀行へ振り込まれる

銀行の営業日のみ出金可能な為、ネットバンク以外では土日祝などに出金できないのがデメリットと言えるでしょう。

メリットとしてあげられることのひとつには、利用に応じて月間最大$20,000までのポイントバックがあることです。

また、基本的に手数料は全て無料で、有料である換金手数料も以下のタイミングで申請すれば完全無料で利用可能ですよ。

換金手数料が無料となるタイミング
  • 平日扱いに該当するタイミングで350ポイント以上の申請をする

他にも、ベガウォレット(VegaWallet)では「ベガの日」という抽選会が毎週火・土曜日に開催されています。

この日に加盟店(オンラインカジノなど)へ入金すると、当選者はポイントバックが500倍になります。

こういった楽しみがあるのも人気の理由のひとつとなっているようです。

電子決済では珍しく本人確認不要で登録でき、無料で利用できることからも、ベガウォレット(VegaWallet)を選ぶメリットはあるでしょう!

その為、オンラインカジノへの入金手段をクレジットカードにし、出金方法をどれにしようか迷っている方にもおすすめですよ。

マッチベター(MuchBetter)|アプリで簡単

マッチベター(MuchBetter)での出金概要
出金手数料オンラインカジノ側

⇒サイトにより異なる(無料が多い)
マッチベター側
⇒銀行…3%+定額10ユーロ
⇒仮想通貨…2%
反映スピード
※オンラインカジノ側の出金手続き完了後
即時~
出金の流れオンラインカジノ

マッチベター

銀行口座or仮想通貨
おすすめ対応サイトミスティーノ
ベラジョン

遊雅堂
マッチベター(MuchBetter)での出金概要
メリットデメリット
アプリで簡単管理
入出金方法を選べる
仮想通貨にも対応
ライセンスを取得している
手数料がかかる
銀行への出金方法は国際送金になる
マッチベター(MuchBetter)で出金する場合の
メリット・デメリット

マッチベター(MuchBetter)は、電子決済サービスをアプリで簡単・便利に使いたいという人におすすめです。

アプリでは、お金のチャージや引き出し、送金、保管を簡単に行うことができますよ。

また、ぺイズと同じく英国金融行為監視機構のライセンスを取得しているので安心です。

マッチベター(MuchBetter)に入出金する際に手段を選べるというのも特徴のひとつです。

  • 入金方法
    • クレジットカード
    • 銀行
    • 仮想通貨
  • 出金方法
    • 銀行
    • 仮想通貨

自分に合った方法を選べるのは嬉しいポイントですね。

ただし、手数料が無料で利用できる電子決済サービスと比べると、入出金時に手数料がかかることはデメリットとなるでしょう。

マッチベター(MuchBetter)は、仮想通貨を利用してオンラインカジノで遊びたいという人にも選ばれています。

オンラインカジノのサイトで仮想通貨の対応がない場合でもマッチベターに対応していれば…

マッチベター(MuchBetter)経由で、仮想通貨を利用して遊ぶことができる!

このような点からも注目されてきている電子決済サービスの為、対応するオンラインカジノも増えていますよ。

ジェトンウォレット|キャッシュバック有り

ジェトンウォレットでの出金概要
出金手数料オンラインカジノ側

⇒サイトにより異なる(無料が多い)
ジェトンウォレット側
⇒銀行…無料
⇒仮想通貨…1%
反映スピード
※オンラインカジノ側の出金手続き完了後
即時~
出金の流れオンラインカジノ

ジェトンウォレット

銀行口座or仮想通貨
おすすめ対応サイトカジノシークレット

Beebet
ミスティーノ
ベラジョン
ジェトンウォレットでの出金概要
メリットデメリット
キャッシュバックがある
入出金方法が選べる
アプリがある
入出金方法により手数料がかかる
公式サイトが日本語対応に不完全
利用できるサイトが少ない
ジェトンウォレットで出金する場合のメリット・デメリット

ジェトンウォレットはキャッシュバックがある為、還元があるサービスを探している人におすすめの電子決済サービスです。

ジェトンウォレットを利用して加盟店(オンラインカジノなど)に支払いをすると、1%のキャッシュバックがもらえるのが特徴です。

また、入出金方法が選べることもポイントとなっていますよ。

  • 入金方法
    • クレジットカード
    • 銀行
    • 仮想通貨
  • 出金方法
    • 銀行
    • 仮想通貨

ただし、対応しているサイトは増えつつありますが、まだあまり多くないのが現状です。

また、日本でサービスを開始してからまだあまり経っていない為、公式サイトの日本語対応が不完全で分かりにくいことはデメリットと言えるでしょう。

アプリに対応していて非常に簡単で使いやすいという点からも、人気が高まっている決済方法のひとつです。

今後が期待できるサービスなので、チェックしておくことをおすすめします。

i wallet..|現金化可能な電子マネー

i wallet..での出金概要
出金手数料オンラインカジノ側

⇒サイトにより異なる(無料が多い)
i wallet..側
⇒銀行…0.5%(最小$35)
⇒i wallet..プリペイドカード…1.75%(最小$5)
反映スピード
※オンラインカジノ側の出金手続き完了後
即時~
出金の流れオンラインカジノ

i wallet..

銀行口座

or
i wallet..プリペイドカード
おすすめ対応サイトカジノシークレット

Konibet
クイーン
i wallet..での出金概要
メリットデメリット
プリペイドカードを作ればATM出金可能
口座開設が簡単
公式サイトが分かりやすい
出金に手数料がかかる
プリペイドカードは維持費や手数料がかかる
i wallet..で出金する場合のメリット・デメリット

i wallet..は、ヨーロッパを中心にサービスを提供している電子決済サービスで、全世界に向けて事業展開しています。

最大の特徴は、i wallet..が発行しているプリペイドカードを作るとATMから出金できるようになる点です。

世界各国のマスターカード対応ATMから現金を引き出せる!

出金方法として銀行出金や仮想通貨に対応している電子決済サービスはありますが、ATMで引き出すことができるのは珍しいです。

しかし…
手数料がかかる点には注意が必要!

チャージやATM利用などの他、毎月の維持費やカード取り消し手数料などもかかります。

手数料はかかっても、プリペイドカードを利用して以下の事を行ないたいという人には大変便利なカードなのでおすすめですよ。

i wallet..プリペイドカードがおすすめな人
  • ATMで出金して現金化したい人
  • 世界各国で現地通貨を便利に利用したい人

プリペイドカードがない場合、他の電子決済サービスと同じように銀行への出金となります。

i wallet..の公式サイトは日本語対応していて非常に分かりやすいので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

Point66(コンビニ)|コンビニで入出金可能

Point66での出金概要
出金手数料オンラインカジノ側

⇒サイトにより異なる(無料が多い)
Point66側
⇒EZE Walletへの送金は無料
EZE Wallet側
⇒2%+800円
反映スピード
※オンラインカジノ側の出金手続き完了後
即時~
出金の流れオンラインカジノ

Point66

EZE Wallet

銀行口座
対応している
おすすめサイト
カジノシークレット
ミスティーノ
Point66での出金概要
メリットデメリット
コンビニから入金できる
加盟店サイト間でポイント・コインを移動できる
利用できるサイトが少ない
“EZE Wallet”経由での入出金
ポイントやコインに有効期限がある
Point66で入出金する場合のメリット・デメリット

Point66はポイント交換サイトで、電子決済サービスとして利用されています。

Point66には「ポイント」と「コイン」があり、それぞれ条件などに違いがあります。

項目ポイントコイン
入手方法“EZE Wallet”経由で
日本円で購入(チャージ)
加盟店から受け取る
価値1ポイント=$11コイン=$1
利用先加盟店加盟店
出金できないできる
利用期限12ヶ月24ヶ月
Point66「ポイント」と「コイン」の違い

“EZE Wallet”経由でチャージしたポイントは、加盟店での利用のみに使え、出金することはできません。

そして、加盟店からPoint66へ受け取ったものはコインとなりポイントと同じように加盟店で使え、出金することも可能になります。

ポイントのチャージ・コインの出金は、それぞれ“EZE Wallet”経由で行います。

その為、“EZE Wallet”への登録も必須となるのがデメリットとも言えるでしょう。

しかし、このデメリットとも思える“EZE Wallet”経由という点ですが、これによって以下の方法で簡単に入金できるようになるのです。

“EZE Wallet”経由での入金方法

  • コンビニ
  • インターネットバンキング
  • ATM

“EZE Wallet”経由での出金方法

  • 銀行振込

また、加盟店サイト同士でのポイント・コイン移動が可能という、電子決済サービスでは珍しい特徴があります。

これにより、オンラインカジノで勝った勝利金を違うサイトでも手軽に利用することができる為、便利な仕組みとして注目されていますよ。

このように入金や移動が手軽で便利なことからも人気が高まっているので、Point66を採用するサイトはこれからもっと増えていくでしょう。

オンカジで出金できない時の対処法

オンラインカジノで出金しようとした際できないという場合には、出金する為に必要な以下の条件を満たしていない可能性があります。

出金条件というのは、受け取ったボーナスや入金した金額に、「〇倍賭けてプレイしなくてはいけない」などの条件の事を言います。

サイトごとに決められている出金条件(賭け条件)を満たしていない場合、出金することはできません。

出金できない時には、まず利用しているサイトで「出金条件」を確認してみると良いでしょう。

また、入金方法と出金方法は同じ方法しか選べない(クレジットカード入金を除く)というサイトが多いです。

その為、入金方法と違った方法を選んでいないかどうかも確認してください。

そして、サイトごとに出金限度額(最小~最大)が決められていることが多いので、金額がこの範囲内に収まっているかの確認も必要です。

一度に最大限度額を超えての出金はできないので、回数を分けるなどして対応しましょう。

他にも、本人確認手続きが完了するまでは出金できないというオンラインカジノもあります。

安心して遊ぶためにも、本人確認は早めに済ませておくことをおすすめいたします。

ここからは、上記の条件についてさらに詳しく見ていきましょう。

出金条件を満たしていない

オンラインカジノで勝ったお金を出金する為には出金条件を満たす必要があります。

基本的には、受け取ったボーナスをそのまま出金することはできません。

また、ボーナスだけに限らず、入金した金額に必要な倍数を賭けなくてはいけないという条件があるサイトがほとんどです。

出金条件として記載されている例
  • ボーナスの〇倍の金額をプレイする
  • 入金額の〇倍以上を賭けで使用する  など

以下に、公式サイトで確認できた、サイトごとの出金条件・賭け条件の一部をまとめてみました。

サイトごとの出金条件や賭け条件
サイト名出金条件・賭け条件
カジノシークレットボーナスに出金条件はない
※ボーナスを利用した勝利金のみ出金可(ボーナス残高をそのままは出金できない)

入金額の5倍以上を賭ける必要がある
Konibetリベートボーナスの賭け条件は1倍

キャッシュバックボーナスの賭け条件は0倍

ボーナスウォレットの賭け条件は5倍
Stake初回入金ボーナスの賭け条件は40倍
Beebet初回入金ボーナスは付与された14日以内に(入金額+ボーナス)×10のベットをする
ミスティーノ入金額の全額の最低一倍を賭ける必要がある
クイーン初回入金ボーナスは(入金額+ボーナス)×20
※条件をクリアするまでは1回の遊戯のBET上限が10USD
フリースピン購入機能は1回毎の購入に対し、BET上限が10USD

スポーツベット・eスポーツベットは配当が1.45倍以上が賭けの対象
ベラジョンボーナスの出金賭け条件は特に記載のない限り20倍

入金額の賭け条件は2倍以上
遊雅堂通常ボーナスの賭け条件はボーナス額の20倍

入金額の賭け条件は2倍以上
サイトごとの出金条件や賭け条件

それぞれの公式サイトで、出金条件や賭け条件として記載されているので、出金できずにお困りの際は一度確認してみると良いでしょう。

入出金の決済方法が違う

基本的にオンラインカジノで出金する際は、入金手段に選択した方法と同じである必要があります。

出金できないとお困りの場合は、入金方法と違う方法で出金しようとしていないか確認してみましょう。

ただし…
クレジットカードで入金した場合は他の方法を選ぶことができる
➡クレジットカードには出金できない為

「出金方法は入金方法と同じでなくてはならない」というような注意書きがあるサイトが多いので、初めによくチェックしておくのが大切です。

出金するときのことも考えて、入金する際の手段を選んでおくと安心ですね。

出金限度額を超過している

オンラインカジノのサイトによって、「1回」「1日」「1週間」「1か月」などで、出金限度額が定められている場合があります。

また、同じサイトでもアカウント認証(本人確認)の状況によって出金限度額が異なることもあります。

覚えておきたいポイント

⇒大当たりして一度にたくさん出金したい時でも、サイトによって上限が決められている場合がある!

また、最大出金額だけでなく最小出金額も設定されていることがほとんどです。

上限を超える金額の出金をしたい場合は?

⇒回数を分けるなど、サイトごとに決められている条件に合うように出金しましょう!

以下に、公式サイトから確認できた、サイトごとの出金限度額についてまとめてみました。

スクロールできます
サイトごとの出金限度額
サイト名出金限度額
(最小~最大)
カジノシークレット【1か月当たり】
〈銀行送金〉
$100~$50,000
〈銀行送金以外〉
$20~$50,000
【1回及び1週間当たり】
〈銀行送金〉
$100~$10,000
〈i wallet・ジェトンウォレット〉
$100~$5,000(/回)~$10,000(/週)
〈上記以外〉
$20~$10,000
Konibet〈銀行送金〉
$40~$71,500
〈その他〉
$40~$100,000
Stake〈銀行送金・ベガウォレット〉
1,000円~400,000円
〈仮想通貨〉
種類により異なる~上限なし
Beebet$10~$30,000(/回)
※上限は出金先により異なる
ミスティーノ〈銀行送金・仮想通貨〉
15,000円/$100~1,500,000円/$10,000
〈ぺイズ・マッチベター・ジェトンウォレット〉
3,000円/$20~1,500,000円/$10,000
〈ベガウォレット・スティックペイ〉
3,000円/$20~1,400,000円/$10,000
〈ポイント66〉
3,500円/$25~1,400,000円/$10,000
クイーン〈銀行送金・CoinPayment〉
$50~$5,000
〈ぺイズ・i wallet〉
$10~$5,000
ベラジョン〈銀行送金〉
$10~$10,000
遊雅堂〈銀行送金〉
1,500円~1,250,000円
〈仮想通貨〉
5,250円~1,250,000円
〈ぺイズ・マッチベター・ジェトンウォレット〉
1,500円~1,250,000円
〈ベガウォレット〉
1,500円~1,000,000円
〈ポイント66〉
1,500円~250,000円
サイトごとの出金限度額

このように、サイトや出金方法により異なりますので、出金する際はしっかりチェックしておきましょう。

本人確認をしていない

オンラインカジノで出金する際、初回は必ず本人確認(アカウント認証)が必要というサイトが多いです。

ですが、以下のような条件つきで本人確認せず出金できるサイトもあります。

本人確認不要で出金できる条件の例
  • 仮想通貨で入出金する場合には本人確認不要
  • 一定の利用までは本人確認をせずに出金できる

本人確認不要で出金できる方法についての解説はこちら

初めは本人確認不要のサイトでも、一定の利用でサイト側から提出を求められることがあるので、そこは理解しておきましょう。

また、出金時の審査で本人確認が必要と判断されて求められた場合には、手続きを完了させた後でないと出金することができません。

本人確認(アカウント認証)の手続きは、基本的に以下のものを提出するだけで簡単に行うことができますよ。

  • 本人確認書類(顔写真付き)
  • 住所確認書類
  • 決済方法の証明・金融機関情報 など

必要書類はサイトにより異なりますが、上記の3点が必要なサイトが多いです。

各サイトの手順に従って必要書類を提出し、アカウント認証が完了するのを待つだけで手続きできます。

本人確認は、以下の観点からも必要とされる大切な手続きです。

  • マネーロンダリングや犯罪防止のため
  • ライセンスの種類により“ライセンス取得や維持の為の必須条件”となっている
    ※ライセンス…オンラインカジノの運営許可証

安全に安心して遊ぶための必要な手続きという認識を持ち、早めに済ませておくと後々慌てなくて済むでしょう。

オンカジで出金する時の注意点

オンラインカジノで出金する際は、以下の事に気を付けなくてはいけません。

オンラインカジノで利用する通貨が$や仮想通貨の場合は、価格変動がある為入出金のタイミングを見極める必要があります。

タイミングによっては利益となることもありますが、タイミングを誤ると大きな損失となる可能性もあるので気を付けてくださいね。

また、お金を稼いだ以上は税金を払う義務が発生します。

ただし、金額によっては確定申告の必要がない場合もありますのでしっかり知識を付けておく必要があります。

確定申告しないでバレたらどうなるのか?

➡税務署は銀行での入出金を把握できる為、バレる可能性が高い

➡バレて連絡が来てからだと脱税とみなされ、多額の追加徴税や刑事罰などで大ごとになる可能性がある

後々困らない為にも、税金についてしっかりチェックしておくことが大切ですよ。

そして、銀行口座への出金を選ぶ際は、口座凍結のリスクについても知っておく必要があります。

マネーロンダリングや犯罪への疑いが高まると、銀行から連絡があり、正当な理由を説明できなければ凍結されてしまいます

どのような時にリスクがあるのかを知っておくことで、口座が凍結されて困るということを防ぐことができますね。

それでは、以下で詳しく見ていきましょう。

$や仮想通貨は価格変動がある

オンラインカジノで採用されている通貨には「$」「仮想通貨」「円」などがあり、サイトによって異なります。

「$」や「仮想通貨」は価格変動がある為(一部を除く)、入出金時にはタイミングを見計らう必要があります。

価格変動があることは、必ずしも損をするというわけではありません!

タイミングを見誤ると大きな損失が出てしまうこともありますし、タイミングが良ければ利益となることもあり得ます。

何も確認せず出金するということのないように注意しましょう。

出金する前には価格の推移をチェックするのはもちろん、どの時点での価格が換金時に反映されるのかをしっかり確認しておくことが大切ですね。

税務署へ税金の申告をしなければいけない

オンラインカジノで出金したお金は一時所得として扱われ、金額によっては税務署への申告が必要です。

申告が必要となるのは…

  • 給与所得がない人
    年間で合計50万円以上一時所得があった場合
  • 給与所得がある人
    ➡一時所得が年間で90万円を超える場合

一時所得で課税の対象となるのは、年間で50万円以上の場合です。(一時所得には特別控除最大50万円がある為)

また、サラリーマンなどの給与所得がある場合、給与所得以外の所得が20万円以下の場合は申告しなくても良いことになっています。

そして一時所得は、一時所得となる金額の1/2にのみ税金がかかるというのがポイントです。

言葉だと分かりにくいので、以下の計算式で考えると分かりやすいでしょう。

  • 一時所得
    ⇒総収入額-経費(収入を得る為にかかった額)
  • 課税対象となる一時所得
    ⇒{一時所得-特別控除額(最大50万円)}×1/2

上記の計算式を基に、給与所得者の例について見てみます。

給与所得者の一時所得が90万円の場合の例
(90万円-特別控除50万円)×1/2=20万円給与所得者の申告ボーダーライン
確定申告不要

・給与所得者の一時所得が91万円の場合の例
(91万円-特別控除50万円)×1/2=20.5万円
確定申告必要

上記の計算式で出た金額が、所得税を求める時に課税対象となる金額として合算されます。

その為、給与所得がある人は、給与以外で一時所得が年間90万円以下の場合は申告しなくても大丈夫ということになるのです。

・給与所得者とは?
⇒企業に雇用され給与を受け取っている人例)サラリーマン、パート・アルバイトなど
(フリーランスなどで報酬を受け取っている人は給与所得者ではない)

・一時所得とは?
⇒営利を目的とした継続的行為以外で得た臨時収入の所得
例)懸賞や福引で得た賞金、競馬・競輪などのギャンブルによる払戻金、生命保険の受取金など

所得があった場合には税金を納める義務があることを忘れずに、いくらまでなら大丈夫なのかなどをしっかり知っておくことが大切ですね。

金融機関のお金の動きは税務署にしっかり把握されています。

うっかりすると、脱税とみなされて大ごとになってしまう危険もある為、税金に関してもしっかり理解してから遊ぶようにしましょう。

銀行振込は凍結する恐れがある

「銀行振込にすると口座が凍結?」「銀行振込にするのは危険なの?」と心配になった方もいるかもしれません。

結論から言うと、銀行振込で出金すること自体が必ずしも危険というわけではありません。

基本的には、何の連絡もなしにいきなり凍結されるわけではなく、電話連絡などが来て取引理由や内容などを確認されるのが一般的です。

銀行から電話がかかってくる理由については以下で詳しく解説しています。

オンカジで出金したら銀行から電話がかかってくる?

凍結される理由となりやすいのは、不正や犯罪を疑われる以下のような場合です。

  • マネーロンダリングを疑われた時
  • 普段ないような多額の入出金
  • まとまった金額の頻繁な入出金

通常であれば銀行から連絡があった際、正当性のある説明をし疑念を晴らせれば、凍結されることは防げるでしょう。

しかし銀行によっては、利用規約でオンラインカジノの入金などが禁止されている場合もあります。

口座をオンラインカジノで利用することを拒否されることもあるようなので、そういうこともあるという点は理解しておいた方が良さそうです。

また、日本国内からオンラインカジノで賭博を行うことは賭博罪に当たり犯罪となります。

オンラインカジノを楽しむ場合は、合法とされている国から利用するように気を付けましょう。

税金がバレたら?と知恵袋に書き込む人も多い

納めるべき税金を納めていないことがバレた場合、脱税とみなされ、多くの追加徴税を払わなければならなくなる可能性があります。

YAHOO!知恵袋では、オンラインカジノの税金についての質問が多くありました。

やはり、オンラインカジノで得たお金にかかる税金について気になる人は多いようです。

中には、税金がバレたらどうなるのかという以下のような質問もありました。

オンラインカジノで得たお金の税金を納税せずにいて税務署にばれた場合どうなりますか?

家に手紙などがきて税務署に行き納めるのですか?バレてからの納めるまでの流れを知りたいです。

引用元:YAHOO!知恵袋

税金についての知識がない場合、小難しい話だからと知らないふりをしている人も多いかもしれません。

しかし、日本では所得税を納める義務がある為、「知らなかった」「忘れていた」では済まされません。

うっかり税金を納め忘れると脱税とみなされ、多額の追加徴税を納めなければいけなくなったり、刑事罰を受けることになったりします!

バレてから延滞税や加算税などを含め払うのではなく、申告期限を守ってきちんと納税するようにしましょう。

税務署は、銀行での入出金を全て確認することができるので隠すことはできません。

一時所得の金額によっては納める必要がない場合もありますので、正しい知識を持ち、後々困らないよう安心して楽しみましょう。

一時所得の税金に関する解説はこちら

オンカジの出金方法によくある質問

ここからは、オンラインカジノの出金に関連するよくある質問について見ていきましょう。

銀行振込での出金は、「やめた方が良い」と言われることも多く、手軽だから選びたいけど心配という人も多いのではないでしょうか。

しかし、必ずしも銀行口座への出金はやめた方が良いというわけではありません。

口座凍結などの観点からこのように言われていますが、簡単に利用できる為、大切なポイントさえ押さえれば選ぶメリットは十分あるでしょう。

どのような場合に電話が来たり凍結されるのかなどを知っておけば安心!

また、勝ったお金を出金するには税金がかかります。

税金についてはややこしい部分も多い為、よく分からないままというい人もいるのではないでしょうか。

オンラインカジノで得たお金は一時所得に分類され、金額によっては所得税を払う必要があります。

金額次第では払う必要がない場合もあるので、この機会に理解して安心して遊べるようにしておきたいですね。

また、本人確認不要で出金できる方法を探している人向けに、いくつかの方法を紹介していきます。

なぜ本人確認が必要なのかなども併せて解説していきますので、こちらも是非チェックしておきましょう。

銀行口座への出金はやめたほうがいい?

オンラインカジノから銀行への出金をやめた方が良いと言われている理由には、以下のようなことが挙げられます。

銀行への出金をやめた方が良いと言われている理由
  • 銀行口座の凍結リスクがあること
  • 取引内容が筒抜けで把握されている可能性があること

銀行は、マネーロンダリングや犯罪防止のために口座を凍結させることがあります

しかし、正当な理由があり納得してもらえれば、むやみやたらと凍結されるわけではありません。

銀行口座凍結については、以下でも解説しています。

銀行振込は凍結する恐れがある

税務署では金融機関の入出金をすべて把握することが可能な為、きちんと税金を納めていないと脱税とみなされてしまう危険があります。

また、以下のような点からも、国際的な取引へ対応する為に100万円を超える国外送金は金融機関から税務署へ全て報告されているのです。

  • 海外への資産隠し
  • 各国の税制の違い等を利用して税負担を軽減する等の国際的な租税回避
    など

これは、法律により定められている「国外送金等調書」という制度です。

国外送金等調書
➡金融機関には100万円を超える資産の動きを税務署に報告することが義務付けられている

これにより、国外へ送金した資産についてしっかり把握されているのです。

そして、海外から日本、日本から海外の銀行へ送金する際、送金額が3,000万円を超える場合には 事後報告の手続きが必要という法律もあります。

国際送金と国内送金の違い

  • 国際送金
    ➡ある国の銀行口座から別の国の銀行口座にお金を送ること
  • 国内送金
    ➡同じ国内の口座間でお金を送ること

国際送金と国内送金の違いは上記の通りですが、銀行振込の国内送金には国際送金に比べてメリットがあります。

為替取引手数料がかからない
着金スピードが早い

これらの事からも、銀行振込で出金したい場合には、国内送金に対応しているサイトの方が便利でおすすめですよ。

国内送金に対応している、おすすめのオンラインカジノサイトをいくつかご紹介します。

国内送金可能なオンラインカジノのサイト

銀行への出金を考えている場合には、以上のことも踏まえた上で、オンラインカジノのサイトを選ぶのもひとつのポイントとなるでしょう。

オンカジで出金したら銀行から電話がかかってくる?

オンラインカジノで出金した際に限らず、以下のような疑いがある場合、取引目的の確認の為に銀行から電話やはがきで連絡が来ることがあります。

銀行から連絡が来る理由となる例
  • マネーロンダリングの疑い
  • 犯罪に関与・巻き込まれている疑い  など

また、上記のような疑いがあると思われるのは、以下のような場合です。

  • 国外への入出金
  • 一度に多額の入出金
  • 頻回な入出金

銀行からの確認は、マネーロンダリングを始め、振り込め詐欺やテロ組織への資金の流出などを防ぐ目的があります。

取引目的などを聞かれた際、正当な理由がある場合には問題ありませんが、疑いが晴れない場合は銀行口座が凍結する恐れもあります。

また、オンラインカジノでの口座の利用を禁止している銀行もある為、利用する銀行の利用規約なども確認しておくと良いでしょう。

禁止にしていない銀行でも、オンラインカジノの取引というと拒否されることもあるようです。

利用する際や取引目的を説明する際は、その点も理解しておいた方が良いでしょう。

オンカジで出金すると税金がバレたりする?

オンラインカジノに限らず、税金の申告をしないとバレる可能性は十分あります。

なぜなら…
税務署は金融機関のお金の出入りを全て確認することができるから

金融機関のお金の動きは把握されていると認識し、納める税金はしっかり納めましょう。

「バレてから納めればいいや」とお考えの方は注意が必要です。

今税務署から連絡が来ていないのはバレていないからとは限りません!

連絡が来ていざ納めなくてはとなった時には、延滞税や加算税などで大金を払わなくてはいけなくなります

支払えないとなると、財産が差し押さえられるなど、取り返しのつかないことになる恐れもありますよ。

税金に対しての知識をしっかり持ち、納めるべき税金は期間内にきちんと納めましょう。

オンラインカジノで得た利益は一時所得の扱いになります。

金額によっては申告不要な場合もあるので、一時所得の税金を納めるのはいくら以上なのかなど、きちんと確認しておくことが大切ですね。

申告の要・不要については、以下で分かりやすく解説しています。

税務署へ税金の申告をしなければならない

楽天銀行やpaypay銀行も使える?

オンラインカジノのサイト側が対応していれば、楽天銀行やpaypay銀行も使えます。

しかし、オンラインカジノの取引に利用されているということを銀行側が認識した場合、銀行側から注意されることもあるようです。

YAHOO!知恵袋には、楽天銀行を利用してた人による以下のような投稿が見られました。

オンラインカジノの入出金についてトラブルが起こった場合は責任を負えないのでご了承ください。
みたいなことを言われました。

引用元:YAHOO!知恵袋

銀行側としてもトラブルや犯罪に巻き込まれるのを防ぐ為か、オンラインカジノからの入金を拒否するということもあるようです。

また、paypay銀行の公式サイトには、以下のような注意書きもはっきり記載されていました。

海外で合法的に運営されているオンラインカジノであっても、日本国内から利用するのは犯罪になります。
実際にオンラインカジノを利用した方が賭博罪で検挙された事例がありますので、絶対にやらないでください。

引用元:PayPay銀行

海外の、賭博が合法の国からオンラインカジノを利用することは問題ありませんが、日本での利用は賭博罪にあたります。

銀行側としても、犯罪に加担するようなことはしたくないというのが本音でしょう。

後ろめたい事のないように、オンラインカジノを楽しむのは、合法とされている国からの利用にしてくださいね。

勝ちすぎると出金できなくなる?

基本的に、悪質なサイトなどでない限り、勝ちすぎたからといって出金できなくなるということはありません。

しかし、出金限度額として、回数や日数で上限額が定められているサイトがほとんどです。

決められている上限を超えての出金はできないので、回数を分けるなど条件に合うように出金しましょう。

また、高額出金の場合は、出金申請に時間がかかることがあります。

高額出金時に時間がかかる理由の例

  • 不正や違反がないかしっかりチェックをする
    ⇒審査に時間がかかる
  • 本人確認が済んでおらず高額出金ができない
    ⇒連絡が来てから本人確認の手続きをする為時間がかかる

不正や規約違反などがなければ、時間がかかっても審査を通り、無事に出金できるでしょう。

利用規約に違反している行為が確認された時や、不正行為があると判断された場合は、出金できないだけでなくアカウント凍結などの恐れもあります。

利用するサイトの規約をしっかり確認し、理解しておくことが大切ですね。

オンカジで100万出金できる?

オンラインカジノでは、サイトごとに出金時の上限が決められている為、一度に100万円出金できるサイトとできないサイトがあります。

出金上限額がないサイトや100万円以上に定められているサイトを利用している場合には、100万円以上の出金も可能です。

出金限度額は、同じサイト内でも出金方法により金額が異なる場合があります。

以下で、ミスティーノの場合の一例を紹介します。

ミスティーノの出金方法と限度額の一例
出金方法出金限度額
(最小~最大)
銀行送金15,000円~1,500,000円
仮想通貨15,000円~1,500,000円
エコペイズ(ecoPays)3,000円~1,500,000円
ベガウォレット(VegaWallet)3,000円~1,400,000円
「ミスティーノ」出金限度額の一例

このように違いがある場合もある為、自分の利用するサイトの出金限度額を確認しておくと良いでしょう。

出金限度額については以下でも解説しています。

出金限度額を超過している

オンカジで本人確認不要な出金方法はありますか?

本人確認なしで出金することができるようになっているオンラインカジノのサイトもあります。

そのようなサイトで本人確認不要で出金できる条件としては、主に以下のようなものが挙げられます。

本人確認不要で出金できる条件の一例
  • 仮想通貨で入出金する場合
  • 一定の制限内のみでプレイする場合
  • 利用期間や利用状況によって、要求された時に本人確認を行なえばよい場合

上記のような条件によって、本人確認不要でも出金できるおすすめのサイトをいくつかご紹介します。

本人確認不要でも出金できるおすすめサイト

  • Stake
    ➡仮想通貨の利用で本人確認不要
  • エルドア
    ➡LITE版(※)でプレイの場合本人確認不要
    ※入出金方法、出金限度額、ボーナスなどに制限あり
  • ミスティーノ
    ➡一定以上の利用でアカウント認証が必要と連絡が来る
  • ベラジョン
    ➡本人確認の依頼が来たら本人確認が必要
  • 遊雅堂
    ➡本人確認の依頼が来たら本人確認が必要

お試しでプレイしてみたい場合や、仮想通貨を利用予定という場合には、本人確認不要で出金できるサイトを利用してみるのも良いでしょう。

ただし、本人確認をしていることで犯罪や不正利用を防ぐことができます。

信頼の証であるライセンスは、種類により取得・維持するために本人確認が必須条件となっている場合もあります。

本人確認は、安心安全にカジノサイトを運営する為にも必要な手続きであるという認識を持ち、理解しておくことが大切です。

後で慌てない為にも、本人確認が必要なサイトでは早めに完了させておくと安心ですよ。

まとめ

オンラインカジノの出金方法には、主に以下の3種類があり、それぞれ以下のような特徴がありました。

  • 銀行振込
  • 手軽で簡単に始められる
  • 口座凍結のリスクに気を付ける
  • 仮想通貨
  • 本人確認不要で遊べるサイトがある
  • 価格変動で大きな損失を出さないよう注意が必要
  • 電子決済サービス
  • 対応している複数のオンラインカジノで便利に利用できる
  • メジャーなサービスを選ばないと対応していないことがある

出金方法を選ぶ際は、それぞれのメリット・デメリットを理解し、自分に合った方法を選んで下さいね。

クレジットカードで入金する場合以外は、入金時と同じ方法を選ぶ必要があるサイトが多いです。

その為、出金方法で希望の手段がある場合には、入金方法を決める時にしっかり選んだほうが良いでしょう。

また、オンラインカジノで遊ぶ際、税金に関しての知識を持たずに出金すると、後々大変なことになりかねません。

税金について、大切なポイントをもう一度まとめておきましょう。

  • オンラインカジノの利益は一時所得に分類される
  • 一時所得が課税対象となるのは人や金額により異なる
    • 給与所得がない
      年間で合計50万円以上一時所得があった場合
    • 給与所得がある
      ➡一時所得が年間で90万円を超える場合
  • 確定申告をせずバレた時は、多額の追加徴税や刑事罰を受ける可能性がある

後から困って後悔しないように、税金についてもきちんと理解して遊ぶようにして下さい。

オンラインカジノは家にいながら手軽にゲームを楽しめる上、勝てば一獲千金の夢もあります。

いざ利益が出た時に困らないよう、出金についての理解を深め、楽しく安心してプレイできるようにしておきたいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次